SDGsへの取り組み

晴電舎ではSDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けた取り組みを行っていきます。

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、世界中のすべての人々が幸せに暮らすことができる社会を作るために、2015年9月に国連サミットで採択された国際社会共通の目標です。
「誰一人取り残さない」という理念のもと、2030年を達成期限とする「17の目標」と「169のターゲット」で構成されています。

JAPAN SDGs Action Platform(外務省ホームページ)

晴電舎 実際の取り組み

ISO14001

晴電舎では、環境保護に努める為の企業活動に貢献するため、環境方針・理念を作り上げ、環境影響の改善に取り組んでいます。
・昼休み時の消灯
・人感センサー導入による不必要な電力の削減
・廃棄物の分別と再利用
・アイドリングストップを心掛けCO2削減への貢献

ISO14001

太陽光発電システムの導入

晴電舎では、太陽光発電システムの導入により再生可能なクリーンなエネルギーを普及することで、気候変動対策に貢献し、持続可能な消費と再生の循環を目指しています。
・自社工場の屋根、駐車場に太陽光パネルの設置
・変換した電力による再生可能エネルギーの利用やCO2削減

太陽光発電

ペットボトルキャップ回収活動

晴電舎では、プラスチックの不法投棄による海洋汚染と世界のこどもへのワクチン不足に着目し、ペットボトルキャップ回収活動に貢献しています。
・不法投棄の未然防止
・再利用によるCO2発生の削減
・キャップの売却利益により、世界中のこどもたちへワクチンを届ける

働きやすい環境を整える

晴電舎では、働きやすい職場を目指し、教育の実施や過重な勤務とならないように管理しています。
・技能講習、特別教育等の受講
・女性の活躍促進宣言
・有給取得の取りやすい環境整備
・社内パワハラ撲滅運動の周知化

女性の活躍促進宣言